"

この間風邪をこじらせ、会社を早退した
一晩寝たら治ると思ってたが、次の日目が覚めたら体が動かなかった
枕もとのポカリ飲むのがやっとで、マジで這う事も出来ない
鞄の中で携帯が鳴ってても、そこまでたどり着けない
その内目の前が真っ白になってきて、あーこれヤバいと思いつつ意識が飛んだ

そしたら思いっきり鼻を噛まれて目が覚めた
忘れてたんだが俺は一人暮らしで、猫(メス・推定5歳)と住んでいる
不規則な仕事なんでこいつのメシと水は、
三日分くらいストック出来る自動給餌機使ってるんだが、
起こしに来たって事はメシが無くなったって事だ。それにトイレ掃除もしてない

これはいかん、と思って死に物狂いで布団から這い出した
時々ふっと意識が途切れたが、その度猫に噛まれて覚醒
何とか部屋の真ん中まで来たところでまた携帯が鳴った
必死で出たら会社の同僚だった
何か言ってるが、全然頭に入ってこない
とにかく体が動かない事を伝えた所で本当に意識が飛んだ

468 水先案名無い人 :2010/02/19(金) 03:13:14 ID:INZ5eQAo0

次にハッキリ目が覚めたら病院にいた
医者の話を聞いて驚いたんだが、
俺は過労と栄養失調から風邪がこじれて肺炎になりかけていたらしい
ついでに早退した次の日と思ってたら、既に三日経っていた
熱で意識がぶっ飛んでいたらしい
同僚が来て救急車を呼んでくれなかったら、本当に死んでいたそうだ

付き添っていてくれた同僚に礼を言った後、猫の世話を頼んだ
迷惑とは思うが、メシと水とトイレの始末してもらえば後は何とかなるから
そう言ったら、同僚がちょっと変な顔をした
「いや、猫いなかったぞ?つーか、猫の物なんか無かったぞ」
覚えてないが救急車で運ばれる前、俺はずーっと猫の事を言い続けていたそうだ
だから世話をしようとしてくれたそうだが、
猫もいなければ給餌機もトイレも見当たらなかったらしい
「仕方ないから、コンビニで猫缶買って開けてきたけどさ」

そんな訳無いだろ、と言い掛けてぞっとした
何で忘れてたのか分からんが、猫はもういなかった
3月の頭に車に轢かれて死んで、あいつの使っていたも物全部処分した
その事言ったら、今度は同僚が青くなった
俺が電話に出た後ろで、猫がでかい声で鳴いていたそうだ

俺は今朝退院して所だが、連休に入ったら墓参りに行く事にした

"

この間風邪をこじらせ、会社を早退した:アルファルファモザイク (via picapixels) (via pdl2h) (via konishiroku) (via sighingdog) (via gkojax-text) (via gkojax) (via realedge) (via taisukeorg) (via nobby0-0) (via sierra7) (via cubeon) (via ryusoul)
booby4649:

8f2b178771a50c6f7fe63ce9474df07e-546x313.jpg

booby4649:

8f2b178771a50c6f7fe63ce9474df07e-546x313.jpg

(via ryusoul)

http://www.ntv.co.jp/konkurabe/

http://www.ntv.co.jp/konkurabe/

silences44:

つい先日Facebookのタイムラインで9月15日がBill Evansの命日だと知った。改めてWikipediaで調べてみると「Died : September 15, 1980 (aged 51)」と書かれてあるので間違いないはず。51歳でこの世を去っているということは、自分ももうじき…かも知れない。いつだってそういう可能性はある、ということだろう。昨日の昼過ぎ、大きな地震が久しぶりにあった。もうおしまいかも知れないと一瞬思った。そういう瞬間は実際にある。今出来ることは今やっておこう。2011年3月11日にたしか一度そういう気持になっていたはずがいつの間にかすっかりその気持を忘れている自分がいる。Bill Evans の命日をそのままタイトルにしたPat Metheny の曲がある。"September fifteenth"これはそういう曲だったということをつまりそのFacebookのタイムラインで知った。Bill Evansの死を想い、Pat MethenyがLyle Maysと一緒にその曲を演奏している。もう何だかそれだけで僕は十二分に嬉しい。さっきそのPat Metheny”September fifteenth”をYouTubeで聴いていた。そして今はBill Evansの死後、追悼盤として発売された『You Must Believe In Spring』 のCDを聴きながらこれを書いている。今朝の空はすっきりしていないけれど、乾いた空気が心地いい…https://www.youtube.com/watch?v=CA3lSTDPPuEhttps://www.youtube.com/watch?v=FTlKzkdtW9I&list=PL2B46B2DD9B4AE2DAyashica mat 124g yashinon80/3.5 fp4+ expired d76 1:1

silences44:

つい先日Facebookのタイムラインで9月15日がBill Evansの命日だと知った。
改めてWikipediaで調べてみると「Died : September 15, 1980 (aged 51)」と
書かれてあるので間違いないはず。
51歳でこの世を去っているということは、自分ももうじき…かも知れない。
いつだってそういう可能性はある、ということだろう。

昨日の昼過ぎ、大きな地震が久しぶりにあった。
もうおしまいかも知れないと一瞬思った。
そういう瞬間は実際にある。
今出来ることは今やっておこう。
2011年3月11日にたしか一度そういう気持になっていたはずが
いつの間にかすっかりその気持を忘れている自分がいる。

Bill Evans の命日をそのままタイトルにしたPat Metheny の曲がある。
"September fifteenth"
これはそういう曲だったということをつまりそのFacebookのタイムラインで知った。
Bill Evansの死を想い、
Pat MethenyがLyle Maysと一緒にその曲を演奏している。
もう何だかそれだけで僕は十二分に嬉しい。

さっきそのPat Metheny”September fifteenth”をYouTubeで聴いていた。
そして今はBill Evansの死後、追悼盤として発売された
『You Must Believe In Spring』 のCDを聴きながらこれを書いている。

今朝の空はすっきりしていないけれど、乾いた空気が心地いい…


https://www.youtube.com/watch?v=CA3lSTDPPuE
https://www.youtube.com/watch?v=FTlKzkdtW9I&list=PL2B46B2DD9B4AE2DA


yashica mat 124g yashinon80/3.5 fp4+ expired d76 1:1

"

普通学級に通学するのが、物理的に困難な障害児の入学をゴリ押しする親や人の
 ニュースを見るたびに、
 以前に見たドキュメンタリーを思い出す。

 サリドマイド児の親のドキュメンタリーだったのだが。生まれついて重い障害を
 負って生まれた息子の為に、
 親は「サリドマイド児の親の会」を立ち上げて、休日は全て会の活動。
 「障害者に理解のある社会=息子の為」との強い信念のもと、息子を連れて積極的に
 マスコミにも出たり、講演活動も行った。

 さらに、息子を普通学級に進学させた。息子は重い障害を負いながらも大学に進学。
 一時は、マスコミにもてはやされた。

 が、大学卒業後、障害を負った息子は何処にも就職できなかった。ここで、
 息子は生まれて初めて本音をぶっちゃける。

 「子供の頃から、人前でさらし者にされて辛かった」

 「休みの日くらい、家族だけで過ごしたかった。
  家族だけで遊園地や旅行に行きたかったのに」

 「普通学級になんて行きたくなかった。手の無い俺が、
  普通学級でどれだけ不自由で辛く、孤独だったか。
  どれだけ、危険で屈辱的(同級生による排泄介護等)な思いをしたか!」

 と、延々と恨み言を言い出した。
 で、親が「何で言ってくれなかったんだ!」と反論したら

 「言ったが、全て“お前のためだ”で済まされた。
  一度だけ、同じ障害を持つ子供たちがいる養護学校に行きたいと言ったら
 “負けるな”と説教された」

 「俺みたいな障害を持った子供が、親に見捨てられたら生きていけない。
  だから、言いなりになっていた」

 「お前たちは“俺の為”と言っていたが、結局は自分たちが社会から注目されて
  チヤホヤされたかったダケだろう。
  養護学校に進学した同じ障害を持った連中は、職業訓練を受けて就職して
  自立しているのに、
  親の見栄で、普通学級に進学させられた俺は、就職できなかった」

 「俺の障害を受け入れてくれない、見栄っぱりな親のせいで、
  俺の人生はメチャクチャにさせられた!」

 結局、息子さんは親に対する恨みつらみの遺書を残して自殺。
 最後に親御さんは「もっと息子の気持ちを考えてやれば良かった」
 「健常児と同じようにする事が、息子の為だと思っていたが、間違いだった」と
 嘆いていたな。

"

過コピペ@2ch タブーかもしれないコピペ集 その9 (via kudan) (via cielbleucielbleu) (via luft2501) (via gamsic) (via crakka) (via gkojax-text) (via snamn)
film-120:

Clear Earrings by shuji+ on Flickr.

film-120:

Clear Earrings by shuji+ on Flickr.

(via ganko-oyazi)

"これはあなたの人生。
大好きなことをしなさい。しかも頻繁に。
何か気に入らない点があるなら、変えなさい。
いまの仕事が嫌いならやめなさい。
時間が十分にないならテレビをみるのをやめなさい。
愛する人を探しているなら、ちょっと立ち止まりなさい:
あなたが自分の大好きなことに夢中になるときに、
その人は待っていてくれます。
穿ったものの見方はやめなさい、
人生はシンプルなのだから。
すべての感情は美しいものです。
食べるときは、最後の一口まで感謝しなさい。
考えも、腕も、心も、新しいことや人にむけて開いておきなさい。
私たちは互いの違いによって結び付けられるのだから。
次に出会った人にあなたの情熱はなにかときいてみなさい、
そして自分の夢もシェアしなさい。
旅しなさい、
道に迷うことで自分自身を発見するだろうから。
機会は一度しか来ないことがあるから、それを掴みなさい。
人生とは、あなたが会う人、その人と作るもの。
だから今すぐ何かを作り始めなさい。
人生は短い。
だから情熱を身にまとって、
夢を生きなさい。"

「これはあなたの人生」、とある会社の美しくも力強いマニフェスト (via 1031s)
2010-09-11 (via gkojay)

2011-09-15

(via mmtki)

(via tkmc8562)

asylum-art:

Everyday Objects With Faces Are Awesome

When you walk around and look at everything around you, chances are, you may see a face. It may be human, it may be an animal, but sometimes you can see faces in inanimate objects. This is called Pareidolia: Seeing faces in random things!

"キン肉マンってよくバッファローマンの前で牛丼食えるよな"

ガ チ で 吹 い た ス レ タ イ -the best- - おはようwwwお前らwwwwwwww (via shokai) (via fialux, ffftp) (via gkojax-text) (via shinoddddd) (via bgnori) (via azsa2go) (via zenigata) (via oryzae) (via attrip)

"本物は自分が本物だと気がついていないので淡々としているが、偽物は自分が偽物だと気づいているから、必要以上に本物ぶる。"

本物は自分が本物だと気がついていないので淡々としているが、偽物は自分が偽物だと気づいているから、必要以上に本物ぶる。|橘川幸夫|note (via tsuda)

(via tsuda)

kagurazakaundergroundresistance:

xyo:

gkojax:

sampler:

grandiosa pelicula de samurais del amigo kurosawa



(via florencio)

kagurazakaundergroundresistance:

xyo:

gkojax:

sampler:

grandiosa pelicula de samurais del amigo kurosawa

(via florencio)

highcampus:

izm on Twitter

highcampus:

izm on Twitter

(via reretlet)

Back to Top